ページの先頭です
本文のはじまりです

中村美容室 YASUブログ


最後のご挨拶 ( Rie )

 拝啓 皆様には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。

さて このたび私 波佐間理恵は8年間勤務しておりました

中村美容室をH26年12月30日(火)をもちまして

円満退社致すことになりました。

長い間色々とお世話になりましたことを厚くお礼申し上げます。

8年間無事勤めてこられましたのも

皆様の暖かいご支援ご指導のお陰と感謝しつつ

貴重な経験としてこれからの人生に生かしていくつもりでございます。

8年間経ってみますととても早かったように感じますが

沢山の方との出会いや学びがありました。

感謝」という言葉只々それだけでございます。

中村美容室という故郷は一度離れますがまた違う経験をして

皆様に成長した姿をお見せ出来ればと思っております。

さよならではなくまたお会いする日まで。



末筆ではございますが

改めて長年のご厚情に深く感謝するとともに皆様のご多幸をお祈り申し上げます。


新年のご挨拶

皆様、明けましておめでとうございます。 Rieです。

お天気にも恵まれ素晴らしい年始めですね!

また今年も沢山のお客様の笑顔が拝見出来る事を楽しみにしております。

皆様のご健康とご多幸をお祈り致しております。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

年末のご挨拶

皆様こんにちは。 Rieです。

早いもので今年も今日で最後となりました。

皆様にとって2013年はどんな一年でしたか?

私は皆様のお陰で沢山の学びと笑いに溢れた一年でした。

有難うございました。

来年も沢山のお客様をより綺麗にし笑顔になって頂くよう

努めていきたいと思いますので宜しくお願い致します。

2014年も皆様にとって良い一年になりますよう心より願っております。

My favorite earrings

Rie です。
 
先日、お客様の期間限定ショップで可愛いヴィンテージのイヤリングを購入しました。






最近の私のお気に入りです。










Vintage Mood
http://www.vintagemood.jp/

ネット販売も一部なされているのでご興味のある方はサイトをご覧になられてみて下さいね。

新年のご挨拶

皆様、明けましておめでとうございます。

Rieです。

元旦はどのように過ごされましたか?

私は親戚と集まって食事をして、

新年を皆が健康で迎えられた事を感謝しました。

皆様のご健康とご多幸をお祈り致します。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

年末のご挨拶

 皆様こんにちは。Rieです。

2012年も今日が最後となりました。

皆様にとって2012年はどんな一年でしたか?

私は今年、念願叶って New York に行けた事が

一番の実りだと思います。

それもこれも皆様のお陰です。有難うございました。

今年感じた事学んだ事を来年に生かし

より一層、皆様に美しくなって頂き一人でも多くの方に

笑顔になって頂くよう努めますので、

2013年もどうぞ宜しくお願い致します。

皆様にとって素敵な一年になりますよう

心よりお祈り致しております。

NY総集編

 皆さん、こんにちは。Rieです。

長い間、私のNY旅行記にお付き合い頂きまして有難うございました。

私にとって初めてのNYはとても勉強になる事が沢山ありました。

一番はNYで仕事をさせて頂いた事です。

 

YasuさんにNYのサロンでの仕事の内容やお客様の髪質や好みの違いなど

お話では聞いていたのですが、実際に自分が体験してみてからこそ

色々な事が見えてきて自分の目標がよりクリアに見えたと思います。



毎日の生活と違う環境に身を置く事によって、

今の自分を客観的に見つめ何が足りないのか、

自分にとっての幸せとは何かという価値観や自分の目指す人間像

など色々な人や街などを通して考える良い機会を与えて頂いたと思います。

NYは色々な国の人や文化の入り混じったとてもエネルギッシュな街です。



その為、それぞれのライフスタイルや価値観があります。

短い滞在ではありましたが感じる事が出来ました。

サロンワーク以外にも色々な国の美味しい料理を食べたりフリーマーケットに行ったり、

美術館や公園に行ったりオフブロードウェィを観に行ったりと

ざっくりではありますがNYでしか体験出来ない事を出来たと思います。












私のNY入門は充実した内容になったと思います。

そして今回の経験で特に感じた事が、言葉の重要さです。

よりディープなNYを感じたいのであれば

現地の人とのコミュニケーションが最も大事な事だと思います。



自分が感じた事や疑問などを相手にぶつけたり、何気ない会話から

その国の文化などを感じとる事。

様々な経験を通して考え、自分の価値観を作り上げていく。

自分にとっての幸せとは何か?

自分はどんなライフスタイルを好みどんな人生の送り方をしたいのか?

日々自分に問いかけながらも、このような経験を通して少しではありますが

見えてきたような気がします。



新しい事にチャレンジしたり、初めての場所に足を踏み入れる事は勇気のいる事ですが

その一歩を踏み出すかどうかでその後の自分は大きく変わってくると思います。

経験するという事は自分を成長させる為に最も大切な事なんだと

改めて実感する旅になりました。

New York といえば・・・ (その2)

 皆様こんにちは。Rieです。

YasuさんのNYの旅の総集編は終わってしまいましたが、

私は今だスローに進行しておりますのでもう少しお付き合い下さいませ。(笑)

NYといえばエンパイアステートビルというほどシンボルとして、

観光客はもちろんニューヨーカーにも愛されています。



地上443m、102階建。

約6万トンの鋼鉄が骨組みになっており、

外壁には1000万個のレンガが使われているそうです。

1929年に着工し、1931年に完成という猛烈なスピードで建てられたそうです。

5番街に面した大理石でできたロビーにはこのビル自身の姿が彫刻されていて

観光客で賑わっています。



建築の美しさやイベント毎に変えられる照明には感激します!





エンパイアステートビルは

「キングコング King kong」(1993年、2005年)

「めぐり逢えたら Sleepless in Seattle」(1993年)

「スパイダーマン Spider-man」 (2002年)

などの映画にも登場しているそうですよ。


 

エンパイアステイトビルから眺める夕暮れ時のマンハッタン。

空の色のグラデーションとポツポツと灯りがともり始めた街がとっても素敵です。

夕暮れ時って何だかセンチメンタルな気持ちになりますよね。(笑)



日が落ちる頃を見計らってか展望台はとっても混雑してました。

やっぱりエンパイアステイトビルは人気ですねぇ〜!


完全に日が落ちてからは、街の灯りが煌びやかで宝石箱みたいです。

ロマンチックですねぇ〜。



次はNYといえば演劇ですよね!

私も滞在中にオフブロウドウェイの 「fuerza bruta」 を観に行きました。

オールスタンディングで舞台の位置が動いたりするので、

観客もそれに合わせて動いたり、音楽に合わせて踊ったりと一体感のあるショーでした。

途中で水と光を使った演出もあり、とても新鮮でした。

(写真が分かりずらくてすみません。)

透明な天井が上から降りてきて、そこを出演者が滑ったり飛んだりしているのを

光と音楽でなんとも不思議な世界を演出してありました。

出演者も観客の頭上で容赦なく飛んだり跳ねたりするので、

この透明な天井の強度は大丈夫なのだろうかと半分ヒヤヒヤしてました。(笑)

最後はクラブかなと思うようなノリの良い音楽が流れ

皆で踊って終わりでした。

途中の水と光を使った演出は幻想的で素敵だったのですが、

最後の終わり方が私的にはなんとも謎な感じでしたが

なんでもありなのがNY流なのかな〜と思った初オフブロードウェイでした。

New York といえば・・・ (その1)

皆様こんにちは。Rieです。

今回のNYの旅で楽しみにしていた事の一つに

「自由の女神」を見に行く事があったのですが、その時の事をご報告させて頂きます。

アメリカの象徴として崇められる自由の女神。


左手には独立宣言書を抱え、右手には世界を照らすようにトーチを掲げています。

ここで少し自由の女神の事をご紹介させて頂きます。

自由の女神が完成したのは1886年。

アメリカ、フランス両国間の友好とアメリカの独立100周年を記念して

フランスから寄贈されたものです。

女神の産みの親は、フランス彫刻家フレデリック・オーギュスト・バルトルディ。

建設費用は45万ドル。1874年から12年の歳月をかけて完成しました。

自由の女神の台座から頭部までの全長は33.86m、重さは225tです。

足元には引きちぎられた鎖と足かせがあり、これを女神が踏みつけています。

これは全ての弾圧、抑圧からの開放と人類は皆平等であることを象徴しているそうです。

女神がかぶっている冠には7つの突起があり、

これは7つの大陸と7つの海に自由が広がるといういう意味だそうです。

こんなに沢山の事を表現しているなんて凄いですよね。

しかも、台座はギザギザの星型になってるんですよぉ

自由の女神はリバティ島にあるので、バッテリーパークからフェリーに約15分程乗って

行きます。

この日はお天気も良く、フェリーから眺める景色も素晴らしかったです。


船が出発して徐々に自由の女神の姿が見えてくるのですが、

皆さんカメラを構えてここぞとばかりに写真を撮っています。



自由の女神が近づいてくると自然と皆のテンションも上がってきます。


リバティ島に到着〜!


やっぱり本物を目の前にするとその美しさに感動すると共に

アメリカに来たぞ〜!!!と実感が湧きました。



この青空をバックに美しいですよね!!!

リバティ島から眺めるマンハッタンの方もとても美しいです



ぜひ皆様もNYに行かれる際には自由の女神に立ち寄られて下さいね



 
       STATUE OF LIBERTY


New York からプチ旅行 (その2)

皆様、こんにちは。Rieです。

NY滞在中に日帰りでナイアガラの滝まで行って参りましたので

ご紹介したいと思います。

ナイアガラの滝 (Niagara Falls)とは

エリー湖からオリエンタリオ湖に流れるナイアガラ川にあり、

カナダのオンタリオ州とアメリカのニューヨーク州とを分ける国境になっています。

ナイアガラの滝

カナダ滝 (落差53m、幅670m)

アメリカ滝 (落差21~34m、幅260m)

ブライダルベール滝 (落差55m、幅15m)

と3つの滝から構成されています。

滝の高さはあまりないのですが幅が広く

単独で流れる滝の水量では北米で規模が最も大きいそうです。

水量は最大の時は毎分168,000㎥にもなるそうです

その水の約90%がカナダ滝に流れ込むそうです。

カナダ側の滝の周辺は得に観光地化が進んでおり

滝から近い所にホテルやレジャー施設が並んでいます。



観光客のうちおよそ9割はカナダ側

残りの1割ほどがアメリカ側から滝を観光しているそうですよ。

私もNY滞在中にその大自然が生み出した芸術品を見たいと思い

朝の5時半にホテルを出発し、片道飛行機で2時間程かけて行って参りました。

ホテルから空港までや空港からナイアガラ滝まではバスでの移動になるのですが

片道だけで1時間半〜2時間くらいはかかったと思います。

到着〜


私も今回はカナダ側からの見学です。

そこには日本ではなかなかお目にかかれない壮大な景色が広がっていて、

想像以上のスケールの大きさにただただ驚くばかりでした!!!

着いてからまずは腹ごしらえです。

ナイアガラの滝の近くにホテルが何件か建っているのですが、

その中のホテルのレストランで昼食をとる事に。

なんとそのレストランからはナイアガラの滝を一望出来るのです


お料理も美味しかったのですが、その景色がなによりもご馳走ですよね

お腹も一杯になったところで次は 遊覧船「霧の乙女号」に乗って滝壺近くを見学します。

船に乗る前にポンチョ型の簡単な作りのレインコートを配られ、

そのレインコートを着ての乗船です。



滝の近くまで行くと水しぶきが結構かかるよとは予め聞いてはいたのですが、

予想以上の水しぶきの量にビックリです!!!


風も強く滝の流れ落ちる音と水しぶきの為、視界もクリアではないですし

水しぶきももはや雨のようでまるで台風の中にいるようでした。(笑)

アトラクションのようで、途中からは濡れる事も忘れて楽しめました。



次はカナダ滝のすぐ横に展望スペース「テーブルロック」があり

真下で滝が落ちていく様子を見る事が出来るので見学する事に。


「テーブルロック」はかつて名前のようにテーブル状に突き出た岩でしたが

後に崩れて現在の展望スペースとして整備されたそうです。

水のどんどん流れ落ちる様子を間近に見るとその迫力とは凄いですね

自然の美しさと共にあまりのパワーに恐怖感も感じた瞬間でした。

帰りはカナダだけにメープルシロップを使ったお菓子などのお土産を買って帰りました。

メープルシロップって美味しいですよねぇ〜。

日帰りでしたので少しバタバタではありましたが、

大自然から沢山のパワーを頂き癒された一日でした。

さぁ〜、明日も頑張るぞぉ〜(笑)







YASU Blog

Back to Top

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>






本文のおわりです


Copyright © 2007 Nakamura biyoushitsu. All Rights Reserved.