ページの先頭です
本文のはじまりです

中村美容室 YASUブログ


September 11

 

 

それは突然やってきた。

 

あの悲劇から今日で16年。

New York で起きた悲惨な出来事は昨日の事のように鮮明に覚えています。


New York で起きた September 11 のテロ。

当時、自分達 はまだ New York に住んでいて

テロが起きる約一ヶ月前 に長男のアサヒが生まれ

新しい家族が増えたことを喜び過ごしていた時でした。



あの日の朝、TV を見ていると突然映像が Live 中継に切り替わり

いつものマンハッタンの景色 が映し出され、

内容が把握できないまま映画のような映像が事実として起きていました。

映画?事故?何これ?

皆さんもきっと同じような感じだったのではないでしょうか?


そしてしばらくすると2機目が...........。


ワールドトレードセンター(WTC) の最上階にあったレストランへ食事に行ったり

撮影の仕事で行ったりと何度も行ったことがあったあの WTC 。



当時 私は SOHO (エリアの名前)にある Salon に勤めていた為

あのワールドトレードセンター (WTC ) にも

歩いて15分くらいの所だったためこの映像が事実だと思った瞬間、

お店がヤバイかも。大丈夫だろうか?みんなは.......

そんな事を考えていたらいてもたってもいられず

私は かみさんと生まれたばかりのアサヒを残し

急いで電車に飛び乗りマンハッタンへ向かいました。

 

(当時 私達はマンハッタンと川を挟んで反対側のエリアに住んでいたため無事でした)


幸い私が乗った電車はサロン近くの駅まで走っていたのですが、

車内のアナウンスで停車しているこの駅で全員下車するように言われ地上にあがると

悲惨な状況の始まりでした。


人々はワールドトレードセンター (WTC ) 方面から反対側の UP TOWN 方面へ

歩いていたのですが、普段は車の多い大通りが大量の人で埋め尽くされ

皆顔面蒼白、そして靴を履いていない人、砂誇りで全身白くなっている人、泣いている人、

座り込んでいる人。

絶望感とはまさにこのことだと思いました。



私はそんな中、人をかき分け皆とは逆方向へ進みようやくサロンに到着。

幸いサロン近辺は何も問題なく他のスタッフとも会えたのですが

現場に近づけば近づくほど悲惨な状況だったことは言うまでもありません。


サロンや皆の安否を確認した後、かみさんに電話するけど当然つながらないため

当時、かみさんには随分心配させてしまいました。


状況を確認した後、

いざ帰るとしても電車はストップしタクシーも当然乗客を乗せない状況。

残るはバスしかないなとバス停へ行けば沢山の人であふれ

やって来たバスはすでにすし詰め状態。


そんなバスにおいらは無理やり乗り込めたけど今度は信号がマヒしているから

街は渋滞しバスは動かない状況。


それでもがんばってバスの中でしばらく待っていたのですが全く動く気配がないため

私はバスを降り、

変わり果てた街の様子に悲しみながら

歩いて2時間ほどかけてようやく自宅に帰り着きました。


マンハッタンから Queens 方面へ渡る Queensboro Bridge ↑ を歩るいていると

橋の上は民族大移動で普段は車が頻繁に通るこの橋も

この時は人で埋め尽くされていました。

沢山の人達と歩きながらふと WTC を見ると

いつもは映画のセットのようなビル群の姿は見えず、

黒煙がブルックリン方面へ風で押し流され悲しさを物語っていました。


太陽でキラキラ光るイーストリバーとは対照的にモクモクと立ち上がる黒煙。

あの映像、あの光景は一生忘れることはないと思います。


このテロの後、

 

街には  Missing と書かれた生存者確認の写真とインフォメーションが載った張り紙が

公共機関や壁のあちこちに貼られ悲しみの雰囲気はしばらく続き

広い範囲でしばらくの間 立ち入り禁止になっていたので仕事もができない状況でした。



しかしこのテロの後、沢山の方が New York を

 

そしてアメリカを立て直そうと頑張り

 

いろんな形でボランティアに参加している姿や雰囲気を見てとても勉強になり

 

その後 東北で起きた東日本大震災の震災直後から募金活動を今でも続け

 

小さくても東北をサポートし続けている支援は

この時の New York での経験から学びました。




人間とは素晴らしくもあり

また愚かでもあります。

世界から戦争やテロがなくなり一日も早くこの世界が平和になることを願うばかりです。


以下の動画は September 11 の映像です。
http://www.youtube.com/watch?v=oj-GkDJpr2Y

あの時 起きたこの事実を忘れない為にもリンクさせてもらいました。



NEVER FORGET September 11

 

 

to all of my friends

let's sing a song and dance with this song.

 

Pharrell Williams - Happy

https://www.youtube.com/watch?v=y6Sxv-sUYtM

 

and be happy.

 

Happy Summer days !!!

 

 

 

 

 

turning point

 

5月5日、自分の人生においての turning point であり、記念日でもあるこの日。

思い起こせば 22才の時 に初めて New York へと旅立った

新たな人生劇場の始まりの日でした。



周りの反対をおしきっての旅立ちだったのですが、

 

その後 滞在した10年間 は善きも悪しきも全て含め素晴らしい時間となり

 

最終的 には自分が思い描いた夢を全て実現でき満足いく結果となったことは

 

いろんな方のおかげであり、また感謝するばかりである。


渡米前、渡米中といろんな出来事があったけど

 

善きも悪しきいろんな経験できたからこそ満足しながら生きていられるのだと思う。

 

上を見てもキリがない。

 

下を見てもキリがない。

 

只々現状に感謝である。

 

過去に何があったとしてもそれは過去。

 

過去から学ぶ事は大事だが過去には戻れはしない。

 

あるのは現在と未来である。

 

人生は一度しかありません。

誰もが知っていることです。

明日も生きていられるという保証はどこにもありません。

誰もが知っていることです。

行動するも人生。

行動しないも人生。

人のせいにはできません。



できない理由を見つけるのは簡単です。

しかしそれで満足いく人生を送れるのだろうか?


困難を乗り越え自分の人生を自分で作り上げる事で

 

満足する人生を送る事ができる。

自分の人生劇場 は自分が主役であり、如何様にも変化させることはできるのである。

 


人生はどれだけ長く生きたかではなく、

 

どれだけ濃く生きれたかだと思う。



何かを得ようとした時 に大事なのはそれを得ようとする「強いパッション」 

それがモチベーションとなり

 

不可能と思われることも可能 にするような不思議なパワーになり

物事を引き寄せ、

その人にとって必要なことは起きるのだと思います。



小さな弱い磁石は通常、強くて大きい磁石に引き付けれられますが、

強いパッションがあれば逆も起こり得ると思う。



小さくても強力なパワーがある。

それが磁石の中にある自分のパッションです。

引き寄せられて歩むのと、

自らの力で引き寄せて歩むのは満足度が違います。



「 不可能 」 とは自分が作っている壁であり、

本当は壁など存在しないのだと思う。

不可能を可能にする。

それもまた自分次第です。

Believe yourself.

5月 になるとあの頃を思い出す今日この頃でした。

 

 

気遣い

先日、友人が教えてくれた言葉。

 

性格は顔に出る。

 

生活は体型に出る。

 

本音は仕草に出る。

 

感情は声に出る。

 

センスは服に出る。

 

美意識は爪に出る。

 

清潔感は髪に出る。

 

落ち着きのなさは足に出る。

 

 

なるほど。である。

 

身だしなみは大事である。

 

人は見た目だけではない。

 

しかしそれはその人と話してみてコミニケーションが取れて初めて言える。

 

気遣いがなければ、印象が悪ければその人のことを知ろうとはしないし興味がない。

 

故に第一印象は大事である。

 

刺激になる言葉をくれた友人に感謝である。

 

有難う!!!

 

 

 

小さなことかもしれないが

熊本地震から1年が過ぎた。

 

1年経っても当然ながらまだ大変な状況は続いている。

 

熊本のため、熊本の方々の為に

 

あれもこれもできやしないしが

 

毎日食するヨーグルトや牛乳は熊本産を選んでいる。

大したことはできないが

 

少しでも何らかの形でサポートできればと思う。

 

頑張って熊本。

 

 

New York

I love New York !!!!


New York is my second home.


everything started from there.


I learned a lot of things from there.

 

I would like to say thank you to all of my friends,clients,people,art,culture,everything.

 

Thank you for giving me the wonderful memories.

 

Thank you for giving me a lot of happiness.

 

Now it's my turn. I'm living in Japan and through my job as hair stylist,

 

I would love to make you happy with beautiful.

 

I'm not just cutting your hair.

 

I'm trying to make you happy from your inside.

 

I'm trying to be beauty lifesaver here in Japan for beautiful life.

 

 

Meet the Foreigners

#flashbackfriday 
first celebrity worked for Julian Lennon in New York.

Grooming & Hair by Yasu.

 

 

いろいろ

 

 

いろいろあるのが人生。

 

いろいろあればあるほど

 

乗り越えるのは大変だが

 

確実にその分 成長できる。

 

 

いろいろあればあるほど

 

自分が試されている。

 

乗り越えることができるからこそ その難題がやってくる。

 

小学生の授業で大学の問題はでない。

 

難題は自分の成長レベル知ることができる出来事である。

 

 

いろいろあればあるほど

 

同時に感謝を知ることができる。

 

当たり前など何もない。

 

現状が存在すること、

 

健康でいられることの有り難さ。

 

当たり前のことなど何一つない。

 

 

感謝の言葉は誰もが知っている。

 

しかし、感謝の深さを知るには大変なことを乗り越えないと

 

実感できない。

 

 

生きていればいろいろある。

 

何かあった時、「絶対 負けない」

 

そう思う気持ちが大切である。

 

 

何もない人生なんて存在しない。

 

いろいろあるのが人生である。

 

 

幸せとは遠くに存在するのではない。

 

感謝を知った時、

 

幸せが既に存在することを知る。

 

 

Life is drama.

 

Life is beautiful.

 

 

 

 

語学 Vol.3


会話とは コンマ何秒の世界でやり取りされるので

いかにその思考回路を構築するか、それには沢山英語を聞くしかないのです。

慣れてくれば日本語を理解するように、

英語だけの回路で理解できるようになります。


そもそも音(言葉) とは空気の振動、「波」 によって我々の耳に届くのですが、


「 波 」 、いわゆる周波数の異なりで聞きやすい聞きにくいという風に人は感じます。

日本語の周波数は比較的低く、英語より低い波で私達は日々聞き取っています。

なので耳が慣れない限り日本語よりも高い周波数の英語の聞いとりは難しいのです。


英語 は英語を公用語にしているそれぞれの国のアクセントやリズムによって話され

 

イギリス、アメリア、カナダ、ニュージーランド、オーストラリア、アイルランド その他多数ありますが、

中でもアメリカ英語とイギリス英語はアクセントやリズムが違い、周波数も異なり、

イギリス英語の方がアメリカ英語より周波数が高いため

 

日本人には聞き取りにくいのが現状です。


しかし中には、以前日本に滞在していた私の友人のイギリス人英語教師 は

あえてイギリスアクセントをなくして話すイギリス人もいましたので

一概(いちがい)にイギリス人だから難しいとは言えません。

 



日本ではアメリカとの歴史関係上、英語環境は

いろんなものがアメリカ英語で日本 に浸透しています。

(車はイギリスの影響を受けたため右ハンドル)



例えば、


意味      アメリカ英語      イギリス英語

秋           fall                             autumn

映画         movie                          film

エレベーター     elevator                       lift

紙タオル           paper towel                 kitchen paper

携帯電話          cell phone                     mobile

消しゴム             eraser                          rubber

サッカー             soccer                          football

前髪                   bangs                           fringe

 

等などいろいろあげればきりがありませんが

日本における英語はそのほとんどがアメリカ英語で浸透しているのが現状です。

皆さんも耳にしたことがある英語が沢山ありますよね。


以上のことからも言えるように、テレビや音楽、その他のものは日本人にとって

初心者 にはアメリカ英語(北米)の方が理解しやすいのかもしれません。

ちなみにカナダの英語 はすごく綺麗で聞き取りやすので個人的 にはおススメです。
 

もちろん、イギリスやイギリス英語圏などに行きたい方は

 

間違いなくイギリス人から英語を習ったほうが良いでしょうね。

 

サウンド的 にはイギリス英語は大好きです。

 


一夜にして習得することが不可能なのが語学。

 

近道などないのが語学。


違いを知り、自分に合った勉強の仕方を見つけるのも学びへの一歩です。

 

 

 

自分自身、渡米する前は全く英語が喋れず、

 

学生の頃も英語の成績が良かったわけじゃありませんでした。

 

そんな自分が今では人種の違いやどこの国の人かも電話の声だけで分かる様になり

 

普通に会話ができるようになりました。

 

 

こんな自分が英語を話せるようになったのですから

 

環境の違いはあっても継続して学べば皆さんも話せるようになると思います。

 

 

私は英語を話せる自分がカッコイイと思ったことはありません。

 

しかし英語を話せるようになって人生をより楽しめるようになりました。

 

 

人生はどれだけ長く生きたかではなく、

 

人生はどれだけ濃く生きれたかです。

 

日本語だけの人生ではなく

 

英語を話せることでより違う人生、

 

より彩(いろどり)ある人生を歩み、感動を得ています。

 

 

日本語だけの時間。

 

日本語と英語を使う時間。

 

どちらも同じ時間が流れますが感じる内容は違います。

 

 

私は今、日本語、英語、イタリア語を使う時間 に挑戦しています。

 

自分は何歳まで生きるか分かりませんが

 

自分の人生を通して、

 

日本語、英語、イタリア語、スペイン語、フランス語、ポルトガル語

 

この6ヶ国語を話せるようになるのが夢です。

 

人生を濃く生きる。

 

音声多重放送人生が私の一つの夢です。

 

Yes I can.

 

Yes you can too.

 

Life is beautiful.

 

La mia dolce vita !!!



 

語学 Vol.2

 



しかしそうは言っても英語を学ぶ、話せるようになるには現状は難しいですよね。

日本という環境で英語を学ぶには

いかにその言語を身近に感じるように環境を作るかが大切なので

 

完璧に分からなくても日常生活で例えば掃除をしながら、料理を作りながら等など

 

「ながら聞き」 で英語を聞き続けることをおススメします。




例えばテレビや音楽。

テレビ(ケーブルやネットで)は英語でお子さんと一緒に子供向けのものを見たり、

 

自分が興味があるジャンルのドラマや映画を英語で観るというの良いと思います。



その中で音声と字幕を英語にして

声と文章で英語を確認し、それを真似て喋る(しゃべる)。


でも、注意しないといけないのが、

 

訳を知ろうと思って日本語字幕しても

 

日本語字幕の場合は実際喋っているもの全てを完璧に訳しているのではないので

 

それで全部の意味を知ろうなんてことはしないようにして下さい。

基本は英語の音に慣れる訓練だと思って下さい。


でも、いくら興味があると言ってもアクションものは

避けた(さけた)方が良いです。

なぜかと言うと、

 

アクションものは展開が早すぎるし、言葉が良くなかったりする場合も多く

 

勉強の方には集中しにくいためです。



音楽にしても、テンポが早いものやラップなどではなく

ポップスでもジャズでも何でも良いのでスローで聞きやすいものが良いと思います。


例えば、Billy Joel (ビリー・ジョエル)の 「  HONESTY  」 1978 年。

 

洋楽が好きな50代から上の方には懐かしい曲だと思いますが、

 

曲の趣味は別として英語の発音やアクセントにはとても勉強になる曲です。


歌はユーチューブで検索し、この歌詞を見ながら真似て歌って下さい。

 

Honesty

If you search for tenderness
it isn't hard to find.
You can have the love you need to live.
But if you look for truthfulness
You might just as well be blind.
It always seems to be so hard to give.
 

Honesty is such a lonely word.
Everyone is so untrue.
Honesty is hardly ever heard.
And mostly what I need from you.
 

I can always find someone
to say they sympathize.
If I wear my heart out on my sleeve.
But I don't want some pretty face
to tell me pretty lies.
All I want is someone to believe.
 

Honesty is such a lonely word.
Everyone is so untrue.
Honesty is hardly ever heard.
And mostly what I need from you.
 

I can find a lover.
I can find a friend.
I can have security until the bitter end.
Anyone can comfort me
with promises again.
I know, I know.
 

When I'm deep inside of me
don't be too concerned.
I won't ask for nothin' while I'm gone.
But when I want sincerity
tell me where else can I turn.
Because you're the one I depend upon.
 

Honesty is such a lonely word.
Everyone is so untrue.
Honesty is hardly ever heard.
And mostly what I need from you.


歌を聴く時はとにかくその歌手が歌っているようにを真似て一緒に歌って下さい。

 

英語は成きることが大事です。

 



我々日本人は日本語を聞いて育ちそれを自然に理解して育つため

頭の中は日本語だけの回路で構築されているわけです。



英語を勉強し始めると、

英語を聞いて → 日本語に訳して理解し → 英語で話す。 という具合にワンステップ増えるので

その流れを体に覚えさせる必要があるのです。

 

私もそうですが、慣れてきたり英語が分かる様になると

 

英語だけの回路になります。

 

会話とはコンマ何秒の世界なため間にステップが入らない方が

 

よりスムーズに会話が成り立ちます。

 

そのためには英語を沢山聞くことが大事になってきます。

 

 

 

続く.............

 

 

 



YASU Blog

Back to Top

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>






本文のおわりです


Copyright © 2007 Nakamura biyoushitsu. All Rights Reserved.