ページの先頭です
本文のはじまりです

中村美容室 YASUブログ

<< 定休日 | main | 屋久島への道 Vol.5 >>

屋久島への道 Vol.4


来年の屋久島登山を目指すためのアサヒとおいらの奮闘記です。



今日は、初登山でまずは筑紫野市の天拝山へ行ってきました。

朝、6:00に起床し西鉄電車で福岡駅7:30発の電車で二日市駅へ。(特急で10分くらいです)

アサヒは、何かワクワクする〜なんて言いながらの出発でした。

二人だけで行動するのは初めてなので新鮮でした。

二日市駅に着き西口に出て下のバス乗り場へ。

二日市駅は東口もありますので始めての方はお間違えのないように。
3番で二日市温泉入り口まで。

大人160円、子供は半額です。所要時間10分くらいです。

バスは本数が少ないので事前に西鉄に問い合わせて利用してください。(往復ね)

ちなみにバスを降りてからは行き方を知らなかったので

駅員さんやバスの運転手の方に聞いたんですが誰も教えきれなかったので

ま〜誰かに聞けば行けるでしょう。と思い、下車して歩いている人に尋ね、

行き方を教えてもらいました。


二日市温泉入り口で降りると、バス停から少し戻る感じでこのパーキングのところから右折。

8:24分 ウォーキングスタート。


住宅街をしばらく歩くと、


高速道路が見えてきて道路の下を歩く道があります。(上のほうではないので間違えないように)

その後しばらく歩くと、

自動販売機が見えてきて左カーブに沿って歩くと、


天拝山の標識が見えます。


それを左へ進むと


武蔵寺(ぶぞうじ) が見えてくるのでそれを左へ。


すると、天拝山登山道 案内図が見えてきます。


あとはひたすら道にそって歩くだけ。 けっこう沢山の人が歩いていらっしゃいます。


杖も無料で借りれます。(戻してね)


しばらく歩くと山門が見えてきます。


途中でハイポーズ。 朝日を受けるアサヒ。 


そしてまたしばらく歩くと最後の登り。階段が待ってます。 



階段の始まりに354段の表示。 登りきったら山頂です。


はい、頑張ります。


まだまだです。


途中こういうところも登り、


階段300段目。 もうすぐです。


そしてようやく到着です。

やりました。 初登山 成功!!!!! 

山頂到着時刻 9:05分


山頂からの眺め。


次回は天拝山より大変な宝満山に挑戦かな?


山頂では 「 白鳥の湖 」も見れました。

こうやってストレッチをする人が多かったです。 儀式ですか?(笑)

しばらく休憩した後、

9:25分 下山。

10:05分 二日市温泉入り口バス停到着。

帰りのバスの時間と合わなかったので

二日市温泉入り口のバス停から西鉄二日市駅まで二人で歩いて帰りました。



おさらいです。

 6:00 起床

 7:00 出発

 7:30 西鉄福岡駅出発

 約十分後(特急) 西鉄二日市駅に到着

 8:07 西鉄二日市駅バス停出発

 8:24 二日市温泉入り口下車後 歩いている人に道を尋ねウォーキングスタート。天拝山へ。

 9:05 天拝山 山頂到着

 9:25 下山開始

10:05 二日市温泉入り口バス停到着 帰りのバスが1時間くらい待たないといけなかったので
      歩いて西鉄二日市駅まで帰ることに。

10:28 JR 二日市駅到着

10:42 西鉄二日市駅到着

10:48 西鉄福岡駅行き急行で福岡へ

11:10 福岡駅到着


初登山、 山に登ったことがないアサヒと二人で登るには調度よかったのではないでしょうか?

歩きながらアサヒと山の話や来年の屋久島の話しなどいろんな話しを自然の中でできて

とても良い時間を過ごせました。

ちなみにおいらの格好は、

普通のスニーカーに軍パン(ジーンズでも登っている人がいると聞いたので)に

トレーナーにダウンベストでした。

天拝山はこの格好でも登れるレベルでした。

でも、スニーカーはコンバースなどのおしゃれ系スニーカーはさけたほうが良いと思います。

少なくともクッション性があるものが良いです。


天拝山は以外にも沢山の年配の方が登っていらしていて

すれ違うすべての方と挨拶をしたのですが、

アサヒに、なぜ挨拶するのか、そして挨拶の仕方やタイミングなど
(離れていてもいけないし、近すぎたら相手が先に挨拶をされるので)

教えながら気持ち良く登山をできました。


いや〜地元の方々、そして山を登られる方々。皆さんほんと〜うに良い方ばかりでした。

運動をしている学生さん達にも何度も会ったのですが

彼らみ〜んな挨拶してくれるのでとても気分良く過ごせました。感心です。

挨拶するって大事ですよね。

街でもこういう感じで誰もが挨拶するようになればきっと住み良い良い街になるんでしょうけどね。

ビジネス的な挨拶ではなくここ二日市で接してくれたすべての方々のように。



屋久島への道。

今後も登山を続け、成長を続けたいと思います。

天拝山や登山に関していろいろアドバイスを頂いた O様、A様、T様、I様、Y様

そして応援してくださった沢山の方々有難うございました。

今後も宜しくお願いします。



今日は寝れそうです。



COMMENT

こんにちは、先日はお世話になりました♪
YASUさんのブログは本当に素敵ですよね。心に響くブログというか。
旭くんとの二人登山旅、とっても素敵です。途中ストレッチのおじさまの写真には思わず吹いてしまいました。失礼ですね、私。
我が家も主人と雅貴、いつか男旅計画して欲しいな〜なんて色々と考えてしまいました。きっと旭君の心に根付く貴重な体験になりますね。
先日メールもお送りしておりますので、お暇な時に目を通してみてくださいね。皆さまによろしくお伝えください。
maki|2012/03/21 1:46 PM
maki 樣
先日より色々と有難うございました。コメントが遅くなり申し訳ありません。
なかなか時間が取れず今になってしまいました。

男二人登山の旅、来年の屋久島登山に向けて頑張っているのですが
アサヒが大きくなった時に、「そういえば親父に連れていってもらったな〜」なんて思ってくれるだけで十分かな。なんて思っています。
私は田舎育ちなので山や川や田んぼなど遊び田舎の遊びをして育たのですが
都会で暮らす今、子供たちは便利すぎる環境で育ち、生活の中で苦労するという事がない中で
育っている環境を考えると来年の屋久島登山やそれまでの練習はきっと本人にとって
大事な人間形成になると思っています。

ここ数年、お客様や友達など周りにお子さんをお持ちの方が沢山いらっしゃって、
そいう方々の子育てや人生の歩み方など少しでも参考になればと思います。
皆様により有意義な人生を送って頂くためにも。
限りある人生。順番で言えば親は子よりも先に旅立ちます。
考えたくもないことではありますが、現実を直視して生きることで
いつ終わりが来るかわからない人生を有意義に過ごせるのではないでしょうか。
子供に教えれる事や時間は思っている以上に少ないと思います。
私は学校の勉強は教えることができないため
自分なりに歩んできた人生しか教えることかできません。
子供達には沢山の感動(喜怒哀楽)を味わう人生を送ってもらいたいと切に思います。

長くなりましたが、いつも楽しい時間を有難うございます。
またお会いする日を楽しみにしております。
それでは。
YASU|2012/03/22 12:48 PM










YASU Blog

Back to Top

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>






本文のおわりです


Copyright © 2007 Nakamura biyoushitsu. All Rights Reserved.