ページの先頭です
本文のはじまりです

中村美容室 YASUブログ

<< 疲れ | main | 今日の外国人 >>

屋久島への道 Vol.12

山登り第二弾!!

アサヒと一緒に昨日は太宰府の宝満山へ行ってきました。

西鉄電車で太宰府へ。この日は曇り空だったので山に登るにはちょうど良い気候でした。

太宰府駅の改札を出て手前左手の向かい側に福岡銀行がありその前に

地元のコミニティーバス「まほろば号」のバス停があり

そこから内山(かまど神社前)へ。

コミニティーバスの時刻表は太宰府市のサイトからダウンロードできます。




内山(かまど神社前)で降り、かまど神社の方へ。


出発地点でまずは一枚。



新緑がキレイでやっぱり街中とは違いますね。空気も違います。

階段を上りきるとかまど神社が。何事も無く無事戻ってこれるようにと手を合せ、

神社左側へ行きます。


坂を降りると山道に出るので山に向かって歩きます。

すると鳥居が見えてくるので

中へ入って行きます。

ここが宝満山の登山口です。


そしていきなり階段が始まります。

始まったばかりのおいら達は下山された方に山頂までどのくらいかかりますか?と尋ねると、

ん〜2時間くらいでしょうね〜とのこと。(初めてなので)

アサヒ、がんばるぞ〜。と気合をいれて出発!!!!!! 

この時おいら達は初めての宝満山のきつさを知る余地もありませんでした。

序盤からこんな感じです。

しばらく進むと、山道へ出て、

道を横切りそのまま前進。

前を見ると、

え?ここ入って行くの?という感じの道を歩き中へ、


一人分しかないような道幅をひたすら歩きます。

これで道はあっているのか不安ながらも前進あるのみ。


しばらく歩くとこんな鉄塔の下も歩き、


こういうため池の横も歩いて行きます。

すると、

宝満山 山頂まで2,2Km の表示が。 険しそうな雰囲気がまた始まります。

2.2Km ん〜そんなに遠くなさそうだな〜なんて思いながらも歩き続けると

再び山道へ。

これをまた横切り、

奥へ。

おお〜なんかすごいぞ〜アサヒと言いながら
一人分の道幅をまた歩き続けます。

しばらく歩き続けると、

また山道へ出てこれをまた横切り、


さらに登り続けます。 山頂まで1.7Km。

この時アサヒは1.7kmやったら楽勝やね〜なんて言ってました。

まだまだ話す余裕もありつつ歩き続けると

道はさらに厳しくなります。


いろんな花が満開で、まるでおいら達を応援してくれているようでしたが、


厳しさはさらに続きます。 石段ばっかり。


山頂まで 1.4Km。


ここでようやく三合目。

ここを過ぎると

山水が出ている休息スペースがありひとまず休憩。

顔を洗い汗を流し気力体力も少し回復です。これにはかなり助かります。

山の水の有難さをアサヒと話しながら再び歩き始めると、

大木が。はいポーズ。木が持つエネルギーの話を。


そしてようやく四合目。

さらに歩き続けると、

木で作られた階段なども歩き、登り続けると、


ようやく山頂まで 1000m 。

思ったよりキツイな〜アサヒ。と話しながら

こんなところも登っていると、

たいぶ登ってきたせいか

眺めも良くなってきました。

がしかし、

歩く道は石段ばかり。 ひぇ〜〜〜〜〜〜〜〜。まだまだです。

ここからさらに1時間くらいかかります。

そしてようやく七合目。

ここからさらに登っているとたいぶ視界が広くなてきたので

アサヒ、もうすぐ山頂かもしれないぞー。なんて調子で上りきると、

そこはまだ途中の休息場でした。 アサヒは裏切られた気分でガックリ。

え〜〜〜〜〜〜。うそや〜〜〜〜ん。宝満山きつ〜い。とショックから疲れがどっと。

なのでちょっとここで休息。 おいらもショックでした。

でも当然ですよね。さっき七合目なんだから。

そしてまたしばらく歩くと、

山頂まで 0.4km 。

アサヒ、もうすぐだぞ〜と言いながらも上りの石段での 0.4km はとても遠かったです。


途中でこういう岩場も登りながら

ようやく八合目の表示。

左上へ行くのか右へ行くのかわからなかったのでとりあえず上へ登ったら

どうやら違ったようで引き返して右へ歩き続け、

ようやく山頂まで 0.3km 。もうすぐです。

アサヒがんばるぞ〜。今度こそもうすぐだぞ〜〜〜。

と途中に何度かある休息場が山頂かと何度もだまされ、


そしてこういう岩肌もクリアーしながら、

最後の階段を登ってようやく登頂です。 

やった〜〜〜〜〜〜〜〜。父ちゃん着いたよ〜〜〜〜。とアサヒ。

上に登ったらおじさん達がお疲れ様〜と声をかけてくれて

開放感や達成感にひたるおいら達でした。


宝満山 山頂。829m ついに登頂です。

山頂には小さな神社があり

無事登頂できたお礼と無事下山できますようにと手を合せ一息つかせてもらいました。

登山の大変さを乗り越え、この眺めを前にしてのおにぎりは格別なものでした。

福岡市方面。


雲がかかる山々。 自然は良いですね〜。


山頂にある大きな岩に登るアサヒ。自然とはすごいものです。

そしてこの山頂までの道のり、石段を人間が作ったかと思うとこれまたすごいです。


きついきついと言いながらも

おいらよりも回復力が早く元気にしている姿に我が子の成長を感じました。

登頂した瞬間アサヒは、「わ〜〜きれ〜い」と叫んでいました。

この感動がおいらは大事だと思います。本人から自然にでる言葉。

都会っ子のアサヒにはこういう感情が人間形成において大事だと思います。

便利なこの世の中に生まれ、自販機やコンビニはそこら中。

学校も歩いて10分くらい。

買い物も天神。

何一つ苦労することなく過ごすこの環境は決して良いことだとは思いません。

しかし現実はこの街中に生活しないといけなくて変えれない環境なわけです。

いらない苦労は必要ないけどある程度成長の過程で大変さを感じる事は必要だと思い

小学校で山登りがないアサヒには貴重な経験だったのではと感じています。



しばらく休んだ後、 12:56 分 下山開始。

やはり上りより下りは随分と楽でしたがほとんど石段ばかりの宝満山は大変でした。

出発前に温泉の看板を見つけていたので下山しながら

二人で温泉♫ 温泉♪ 温泉♫ と掛け声&変歌を歌い下山し終え、

看板の示す方向へ歩いて向かうことに。

が、しか〜し 600m と書いてあったのに実際は絶対それ以上ある距離に

最後の最後で二人でだまされたな〜。と言いながらようやく温泉場へ。

良さそうな感じですが、もし行かれる方は期待しないで下さい。(苦笑)

温泉後はまた歩いて内山(かまど神社前)バス停へ。

バス停に着いたらちょうどバスが来て、再びまほろば号で太宰府駅へ。


天満宮の参道でソフトクリームを買い、お土産で梅ヶ枝餅をかって帰路となりました。

そしてヒカリは

パクパク。ペロリと完食でした。



今回のスケジュールです。 

7:00  起床

9:00  家 出発

9:30  福岡駅出発 特急で二日市へ

9:44  二日市駅 到着 乗り換えで太宰府行きへ

9:51  二日市駅 出発 太宰府へ

10:06 福銀前のバス停を予定時刻より遅れまほろば号で内山(かまど神社前)へ

10:17 内山(かまど神社前)到着 バス停にて登山準備

10:25 バス停出発

12:12 宝満山 登頂

12:56 下山開始

14:10 内山(かまど神社前)バス停到着 下山完了 温泉へ

15:20 内山(かまど神社前)出発 太宰府駅到着後 天満宮参道で買い物

15:52 太宰府駅 出発 二日市駅へ

16:09 二日市駅出発 特急にて福岡へ

16:23 福岡駅 到着

と、ま〜こんな感じの一日でした。


うちのかみさんは小学校の頃に宝満山へ登ったことがあるらしいのですが

これすごいですよ。

子供達はもしかすると回復力が早いのかもしれませんが

大人は普段運動をしてなかったらかなり大変だと思います。

おいらは3月からスクワットをしてたので筋肉痛など何もなく

ただ疲れだけがあったのですが

宝満山を初めて登る方はきっと、多少なりとも鍛えてからの方が良いかもしれませんね。

そして、靴はやっぱり先週買っといて正解でした。

ここは登山靴やトレッキングシューズ、

もしくはハイカットのスニーカーでないと足を捻挫する可能性が高いと思いますので

初心者の方はご注意下さい。

オススメはやっぱりトレッキング用や登山靴など足首をしっかりカバーされたもので

登った方が良いと思います。


今回、山登り第二弾で今のおいら達にはやや過酷でしたが

これに負けず(もちろんこれくらいじゃ負けませんが)、

来年の屋久島 宮之浦岳を目指したいと思います。


体力もそうですがアサヒと気持ちがまだまだ一緒ではないので

1年かけて気力体力をやしない同じ目標として頑張っていきたいと思います。

今回もまたいろいろとアドバイス頂いた、O樣、K樣、I樣、A樣、T樣、W樣

そしていつも応援して頂いている沢山の方々、この場をおかりしてお礼を申し上げます。

皆様、本当に有難うございます。

来年の屋久島 宮之浦岳(九州で最高峰、1936m )を目指しがんばりますので

今後もご支援ご指導のほど宜しくお願い致します。



COMMENT

こんにちは〜 お久しぶりです。
私も宝満山は小6のときに遠足で登りましたよ。 ブログを読んで、あさひ君みたいに都会で育った子たちは遠足=山登りじゃないんだ!とカルチャーショックでしたよ。(笑)
実家に帰る度に、若杉山、三郡山、宝満山が近くから見えるので小学生の頃を思い出しますよ。
ちなみに小4、小5、小6で↑の順に登ります。
今考えると、子どもたちはもちろんへとへとだったけど、連れて行く大人たちはもっとヘトヘトだったんだろうなあ。。。と。
この男同士、親子でのこの挑戦ステキですよね。うちは男の子いないけど、いつかマサと娘たち2人とで3人だけで取り組む時間ができたらいいなあって思いますよ。
では体力づくり頑張ってくださいね〜

satomi|2012/05/02 3:30 PM
Satomi さんへ

お久しぶりです。お元気ですか?ブログ見てますよ。お子さん達も随分大きくなりましたね。
子の成長は微笑ましいものですね。

やっぱり小学校の時に宝満山は登られましたか。
自分は田舎育ちだったので小中高と山登りはあったのですが
アサヒの学校では山登りがないんです。いつも近場の動植物園です。
しかし4年から6年にかけて登るなんてすごいですね。
きっと先生達はヘトヘトだったと思いますよ。
自分達もこんなにきついとは思いませんでした。

マサ君もきっと何か考えていると思いますよ。
マサ君だったら女の子でも山へ連れて行きそうですね。

そうそう先日、妹さんがお店に寄ってくれました。
お土産まで頂いたのでくれぐれも宜しくお伝え下さいませ。
妹さんはブログなされていますか?
もしなされているようだったら是非教えて下さいね。

それではマサ君、お子ちゃま達に宜しくお伝え下さい。

ではでは。
YASU|2012/05/02 7:39 PM
ブログ今も読んでくれてるんですね。ありがとうございます!
あおばはどんどんかえでに似てきますよ。二人で並ぶとワァッって思うくらい。またチョコチョコ書くのでお暇なときに読んでくださ〜い。
妹はブログやってないんです。そんなにマメなタイプじゃないと思うので、、、笑。
今年の7月に北海道に遊びに行くので、久々に子どもたち同士遊ばせるのが楽しみです!
近くに国立公園があるらしくって、1日はそこでみんなでBBQする予定なんですけど、こどもたちが大自然の中でいっぱい遊べると思うとウキウキです。
カナダでのキャンプを思い出します。。。
ではまた夏に帰ったときにお会いしましょう!
satomi|2012/05/03 9:15 AM
Satomi さん

今後もブログ楽しみにしています!
妹さんブログされてないのですね。
北海道の様子とかお子さんの様子とか もしされているのであれば〜と思ってたのですが。
7月に北海道ですか〜楽しそうですね。
北には行ったことがないのでその時はまたブログにアップして下さいね。
夏、楽しみにしています。
YASU|2012/05/04 8:14 AM










YASU Blog

Back to Top

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>






本文のおわりです


Copyright © 2007 Nakamura biyoushitsu. All Rights Reserved.