ページの先頭です
本文のはじまりです

中村美容室 YASUブログ

<< Road to YAKUSHIMA Vol.46 | main | busy >>

Road to YAKUSHIMA Vol.47

アサヒ(11才)と おいらの男二人旅。

「 2013年7月予定の屋久島 宮之浦岳登山(標高1,936 m) 」への道


山登り第三弾!!



昨日、雨降る中にアサヒと二人で宝満山へ行ってきました。

いや〜今回はきつかったです。

ひざが大爆笑しました。


昨日は雨が降るのは分かっていたのですが

屋久島は年中雨が降るところなので

これもシュミレーションとして登ってきたのですが

石段が多い宝満山で片手に傘、足元は滑りやすく

しかも今回は本番を想定して荷物を前回より重たくしたので

途中何度も休憩しやっとの思いで頂上までたどり着きました。



屋久島の日まであと3ヶ月になり

トレーニングでアサヒと一緒に登れるのもあと1回くらいなので

おいらはよりいっそうスクワットに気合を入れて取り組もうと思います。


さて、昨日は5:30に起床して朝ごはんを済ませた後、

福岡駅を7:00発の電車で出発し太宰府へ向かいました。


朝が早かったので電車の中で「ね〜む〜い」なんて言いながらもう一眠りするアサヒでした。

前回同様、太宰府駅の改札を出て手前左手向かい側の福岡銀行の前に

(前回の写真より↑)

地元のコミニティーバス「まほろば号」のバス停があり

そこから 8:02 のバスで内山(かまど神社前)へ。

コミニティーバスの時刻表は太宰府市のサイトからダウンロードできます。


内山(かまど神社前)で降り、かまど神社の方へ。サクラがまだ残っていました。

天気が良ければ山が見えるのですが.............。


今回の宝満山は雨で写真が数枚しか撮れなかったので

以下の道中の写真は前回(去年の5月)のものを使用しています。



いつものように何事も無く無事戻ってこれるようにと手を合せ、

(前回の写真より↑)

神社左側へ行きます。

竈門(かまど)神社を 8:20 に出発。


(前回の写真↑)

坂を降りると山道に出るので山に向かって歩きます。

すると鳥居が見えてくるので

(前回の写真より↑)

中へ入って行きます。

ここが宝満山の登山口です。

(前回の写真より↑)

そしていきなり階段が始まります。

(前回の写真より↑)


(前回の写真より↑)

序盤からこんな感じです。昨日は雨で大変でした。

しばらく進むと、山道へ出て、

(前回の写真より↑)

道を横切りそのまま前進。

前を見ると、

(前回の写真より↑)

え?ここ入って行くの?という感じの道を歩き中へ、雨だったので当日は大変でした。


(前回の写真より↑)

一人分しかないような道幅をひたすら歩きます。

これで道はあっているのか不安ながらも前進あるのみ。


(前回の写真より↑)

しばらく歩くとこんな鉄塔の下も歩き、


(前回の写真より↑)

こういうため池の横も歩いて行きます。

雨の中、人とも全くすれ違わないのでやや不気味でした。


しばらく歩くと、

(前回の写真より↑)

宝満山 山頂まで2,2Km の表示が。 険しそうな雰囲気がまた始まります。

2.2Km ん〜そんなに遠くなさそうだな〜なんて思いながらも歩き続けると

(前回の写真より↑)

再び山道へ。

これをまた横切り奥へ。

(前回の写真より↑)


(前回の写真より↑)

一人分の道幅をまた歩き続けます。昨日は雨でここも大変でした。

しばらく歩き続けると、

(前回の写真より↑)

ここではサクラが満開でした。

また山道へ出てこれをまた横切り、


(前回の写真より↑)

さらに登り続けます。 山頂まで1.7Km。


(前回の写真より↑)

道はさらに厳しくなります。雨だった昨日は大変でした。


(前回の写真より↑)

厳しさはさらに続きます。 雨だった昨日は滑りやすいく不規則な石段ばっかりで大変。


(前回の写真より↑)

山頂まで 1.4Km。


(前回の写真より↑)

ここでようやく三合目。

ここを過ぎると

(前回の写真より↑)

山水が出ている休息スペースがありひとまず休憩。

山の水の有難さをアサヒと話しながら再び歩き始めると、

(前回の写真より↑)

大木が。はいポーズ。と前回は写真を撮りましたが

今回は雨のため、そしておいらの体力の問題で撮るひまはありませんでした。


(前回の写真より↑)

そしてようやく四合目。

さらに歩き続けると、

(前回の写真より↑)

木で作られた階段なども歩き、登り続けると、(ここも雨で滑りやすい状態でした)


(前回の写真より↑)

ようやく山頂まで 1000m 。


(前回の写真より↑)

こんなところも登っていると、(雨で滑りやすく大変........。)

たいぶ登ってきたせいか

(前回の写真より↑)

眺めも良くなってきました。と言いたいところですが、

昨日は霧で全く何も見えませんでした。


(前回の写真より↑)

昨日は雨続きで、歩く道は石段ばかり。足元は滑りやすくホント大変でした。

これ百段ほどあります。 ひぇ〜〜〜〜〜〜〜〜。まだまだです。

ここからさらに1時間くらいかかります。

そしてようやく七合目。

(前回の写真より↑)


(前回の写真より↑)

前回のアサヒはこんな状態でしたが、今回はおいらがこういう状態でした。

でも雨だったので立ったまま休憩。ふっ〜〜〜〜〜〜。

そしてまたしばらく歩くと、

(前回の写真より↑)

山頂まで 0.4km 。


(前回の写真より↑)

途中でこういう岩場も登りながら(ここも雨で大変でした。)

ようやく八合目の表示。

(前回の写真より↑)


(前回の写真より↑)

ようやく山頂まで 0.3km 。


(前回の写真より↑)

そしてこういう岩肌もクリアーしながら、(雨で足元が滑りやすく大変でした)

最後の急な階段を登ってようやく登頂です。 

(前回の写真より↑)

やった〜〜〜〜〜〜〜〜。父ちゃん着いたよ〜〜〜〜。とアサヒ。

開放感や達成感にひたるおいら達でした。


(今回の写真)

宝満山 山頂。829m  10:00 ジャスト。ついに登頂です。

山頂には小さな神社があり

(前回の写真より↑)

無事登頂できたお礼と無事下山できますようにと手を合せ一息つかせてもらいました。


登山の大変さを乗り越えてのおにぎりは格別なものでした。



(前回の写真より↑)福岡市方面。雨でなければこんな感じ。↑

昨日は雨だったので

こんな感じでした。

雨で何も見えませんでしたが

登頂という目的は達成できたのでこれはこれで幻想的でキレイな雰囲気でした。


きついきついと言いながらもおいらよりも回復力が早く

間違いなく前回よりも体力がついているアサヒの姿に我が子の成長を感じました。


登頂した時のアサヒの表情は達成感で満たされ満足している様子でした。

大変さを経験し目標を達成する。

おいらはこの経験が大事だと思います。

積み重ねた努力の結果、見た景色に感動し、

普段は美味しいと思わないコンビニのおにぎりでさえ美味しいと感じれる。


都会っ子のアサヒにはこういう感情が人間形成において大事だと思います。

便利なこの世の中に生まれ、自販機やコンビニはそこら中。

学校も歩いて10分くらい。

買い物も天神。

何一つ苦労することなく過ごすこの環境は決して良いことだとは思いません。

しかし現実はこの街中に生活しないといけなくて変えれない環境なわけです。

いらない苦労は必要ないけどある程度成長の過程で大変さを感じる事は必要だと思い

そしておいらと二人で一緒に同じ目標を達成する事が

アサヒには貴重な経験だと感じています。



しばらく休んだ後、 10:20 分 下山開始。

昨日は雨だったので足元が悪く滑りやすい石段ばかりの宝満山はほん〜と大変でした。


そして下山しての楽しみ、二人で温泉♫ 温泉♪ 温泉♫ と掛け声&変歌を歌い下山し終え、

看板の示す方向へ歩いて向かうことに。

が、しか〜し 600m と書いてあったのに実際は絶対それ以上あるような距離に

絶対 600m 以上あるよな〜。と言いながらようやく温泉場へ。

(前回の写真より↑)

良さそうな感じですが、もし行かれる方は期待しないで下さい。

お風呂場はかなり古いです。(苦笑)

でもきつかった登山後のお風呂はもう〜〜〜〜最高でした。

古さが目につきますけど(笑)

お風呂場は古いというよりボロボロに近い感じ。(苦笑)


そして温泉後はまた歩いて内山(かまど神社前)バス停へ。

再びまほろば号で太宰府駅へ。

到着後はお約束のソフトクリーム(ソーダ味 ↑)。

この頃にはすっかり雨も止み、

お土産で梅ヶ枝餅を買って帰路となりました。




今回のスケジュールです。 

5:30 起床

6:20 家 出発

7:00 福岡駅出発 太宰府へ

8:02 福銀前のバス停から まほろば号で内山(かまど神社前)へ

8:20 かまど神社出発

10:00 宝満山 登頂

10:20 下山開始

11:30  かまど神社到着 下山完了 温泉へ




おいらは H23 年の3月からスクワットをしていたので今回も筋肉痛はなかったのですが

やはり荷物が前回より重かったり、

片手に傘だったり、

雨で滑りやすく登りにくかったりと

前回とはかなり環境が違ったので今回はかなり疲れました。


しかしアサヒの体力のつきようには驚きでした。

今回おいらは何度も休憩を取ったのですが

アサヒは必要なかったようで

先に行かせたりして、恥ずかしながらアサヒの足を引っ張った感じでした。

ホントビックリです。


そしてもう一つビックリしたのが地元のおじさん達。

さすがに雨だった昨日はすれ違った人は 7人ほどだったのですが、

そのうち三人のおじさんは、片手に傘、そして T シャツに普通の黒の長靴姿だったんです。

これすごくないですか?

宝満山に登られたことがある方は分かると思いますが、

足元が悪いのに普通の長靴にはビックリでした。

そして昨日は山も気温が低く登頂時の気温は10度を切ってたにも関わらずです。

おじさんパワーです。

間違いなく宝満山玄人ですね。(笑)


今回、山登り第三弾は雨だったのでおいらには過酷でしたが

これに負けず(もちろんこれくらいじゃ負けませんが)、

7月の屋久島 宮之浦岳を目指し今後も頑張りたいと思います。


いつもながら山に関してアドバイス頂いた、T 様、O 樣、R 樣、A 様、そしてその他の皆様、

そしていつも応援して頂いている沢山の方々、この場をおかりしてお礼を申し上げます。

皆様、本当に有難うございます。

7月の屋久島 宮之浦岳(九州で最高峰、1936m )を目指しがんばりますので

今後もご支援ご指導のほど宜しくお願い致します。


いや〜〜〜〜ホント疲れました。



COMMENT











YASU Blog

Back to Top

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>






本文のおわりです


Copyright © 2007 Nakamura biyoushitsu. All Rights Reserved.