ページの先頭です
本文のはじまりです

中村美容室 YASUブログ


Meet the Foreigners

#flashbackfriday 
first celebrity worked for Julian Lennon in New York.

Grooming & Hair by Yasu.

 

 

いろいろ

 

 

いろいろあるのが人生。

 

いろいろあればあるほど

 

乗り越えるのは大変だが

 

確実にその分 成長できる。

 

 

いろいろあればあるほど

 

自分が試されている。

 

乗り越えることができるからこそ その難題がやってくる。

 

小学生の授業で大学の問題はでない。

 

難題は自分の成長レベル知ることができる出来事である。

 

 

いろいろあればあるほど

 

同時に感謝を知ることができる。

 

当たり前など何もない。

 

現状が存在すること、

 

健康でいられることの有り難さ。

 

当たり前のことなど何一つない。

 

 

感謝の言葉は誰もが知っている。

 

しかし、感謝の深さを知るには大変なことを乗り越えないと

 

実感できない。

 

 

生きていればいろいろある。

 

何かあった時、「絶対 負けない」

 

そう思う気持ちが大切である。

 

 

何もない人生なんて存在しない。

 

いろいろあるのが人生である。

 

 

幸せとは遠くに存在するのではない。

 

感謝を知った時、

 

幸せが既に存在することを知る。

 

 

Life is drama.

 

Life is beautiful.

 

 

 

 

語学 Vol.3


会話とは コンマ何秒の世界でやり取りされるので

いかにその思考回路を構築するか、それには沢山英語を聞くしかないのです。

慣れてくれば日本語を理解するように、

英語だけの回路で理解できるようになります。


そもそも音(言葉) とは空気の振動、「波」 によって我々の耳に届くのですが、


「 波 」 、いわゆる周波数の異なりで聞きやすい聞きにくいという風に人は感じます。

日本語の周波数は比較的低く、英語より低い波で私達は日々聞き取っています。

なので耳が慣れない限り日本語よりも高い周波数の英語の聞いとりは難しいのです。


英語 は英語を公用語にしているそれぞれの国のアクセントやリズムによって話され

 

イギリス、アメリア、カナダ、ニュージーランド、オーストラリア、アイルランド その他多数ありますが、

中でもアメリカ英語とイギリス英語はアクセントやリズムが違い、周波数も異なり、

イギリス英語の方がアメリカ英語より周波数が高いため

 

日本人には聞き取りにくいのが現状です。


しかし中には、以前日本に滞在していた私の友人のイギリス人英語教師 は

あえてイギリスアクセントをなくして話すイギリス人もいましたので

一概(いちがい)にイギリス人だから難しいとは言えません。

 



日本ではアメリカとの歴史関係上、英語環境は

いろんなものがアメリカ英語で日本 に浸透しています。

(車はイギリスの影響を受けたため右ハンドル)



例えば、


意味      アメリカ英語      イギリス英語

秋           fall                             autumn

映画         movie                          film

エレベーター     elevator                       lift

紙タオル           paper towel                 kitchen paper

携帯電話          cell phone                     mobile

消しゴム             eraser                          rubber

サッカー             soccer                          football

前髪                   bangs                           fringe

 

等などいろいろあげればきりがありませんが

日本における英語はそのほとんどがアメリカ英語で浸透しているのが現状です。

皆さんも耳にしたことがある英語が沢山ありますよね。


以上のことからも言えるように、テレビや音楽、その他のものは日本人にとって

初心者 にはアメリカ英語(北米)の方が理解しやすいのかもしれません。

ちなみにカナダの英語 はすごく綺麗で聞き取りやすので個人的 にはおススメです。
 

もちろん、イギリスやイギリス英語圏などに行きたい方は

 

間違いなくイギリス人から英語を習ったほうが良いでしょうね。

 

サウンド的 にはイギリス英語は大好きです。

 


一夜にして習得することが不可能なのが語学。

 

近道などないのが語学。


違いを知り、自分に合った勉強の仕方を見つけるのも学びへの一歩です。

 

 

 

自分自身、渡米する前は全く英語が喋れず、

 

学生の頃も英語の成績が良かったわけじゃありませんでした。

 

そんな自分が今では人種の違いやどこの国の人かも電話の声だけで分かる様になり

 

普通に会話ができるようになりました。

 

 

こんな自分が英語を話せるようになったのですから

 

環境の違いはあっても継続して学べば皆さんも話せるようになると思います。

 

 

私は英語を話せる自分がカッコイイと思ったことはありません。

 

しかし英語を話せるようになって人生をより楽しめるようになりました。

 

 

人生はどれだけ長く生きたかではなく、

 

人生はどれだけ濃く生きれたかです。

 

日本語だけの人生ではなく

 

英語を話せることでより違う人生、

 

より彩(いろどり)ある人生を歩み、感動を得ています。

 

 

日本語だけの時間。

 

日本語と英語を使う時間。

 

どちらも同じ時間が流れますが感じる内容は違います。

 

 

私は今、日本語、英語、イタリア語を使う時間 に挑戦しています。

 

自分は何歳まで生きるか分かりませんが

 

自分の人生を通して、

 

日本語、英語、イタリア語、スペイン語、フランス語、ポルトガル語

 

この6ヶ国語を話せるようになるのが夢です。

 

人生を濃く生きる。

 

音声多重放送人生が私の一つの夢です。

 

Yes I can.

 

Yes you can too.

 

Life is beautiful.

 

La mia dolce vita !!!



 

語学 Vol.2

 



しかしそうは言っても英語を学ぶ、話せるようになるには現状は難しいですよね。

日本という環境で英語を学ぶには

いかにその言語を身近に感じるように環境を作るかが大切なので

 

完璧に分からなくても日常生活で例えば掃除をしながら、料理を作りながら等など

 

「ながら聞き」 で英語を聞き続けることをおススメします。




例えばテレビや音楽。

テレビ(ケーブルやネットで)は英語でお子さんと一緒に子供向けのものを見たり、

 

自分が興味があるジャンルのドラマや映画を英語で観るというの良いと思います。



その中で音声と字幕を英語にして

声と文章で英語を確認し、それを真似て喋る(しゃべる)。


でも、注意しないといけないのが、

 

訳を知ろうと思って日本語字幕しても

 

日本語字幕の場合は実際喋っているもの全てを完璧に訳しているのではないので

 

それで全部の意味を知ろうなんてことはしないようにして下さい。

基本は英語の音に慣れる訓練だと思って下さい。


でも、いくら興味があると言ってもアクションものは

避けた(さけた)方が良いです。

なぜかと言うと、

 

アクションものは展開が早すぎるし、言葉が良くなかったりする場合も多く

 

勉強の方には集中しにくいためです。



音楽にしても、テンポが早いものやラップなどではなく

ポップスでもジャズでも何でも良いのでスローで聞きやすいものが良いと思います。


例えば、Billy Joel (ビリー・ジョエル)の 「  HONESTY  」 1978 年。

 

洋楽が好きな50代から上の方には懐かしい曲だと思いますが、

 

曲の趣味は別として英語の発音やアクセントにはとても勉強になる曲です。


歌はユーチューブで検索し、この歌詞を見ながら真似て歌って下さい。

 

Honesty

If you search for tenderness
it isn't hard to find.
You can have the love you need to live.
But if you look for truthfulness
You might just as well be blind.
It always seems to be so hard to give.
 

Honesty is such a lonely word.
Everyone is so untrue.
Honesty is hardly ever heard.
And mostly what I need from you.
 

I can always find someone
to say they sympathize.
If I wear my heart out on my sleeve.
But I don't want some pretty face
to tell me pretty lies.
All I want is someone to believe.
 

Honesty is such a lonely word.
Everyone is so untrue.
Honesty is hardly ever heard.
And mostly what I need from you.
 

I can find a lover.
I can find a friend.
I can have security until the bitter end.
Anyone can comfort me
with promises again.
I know, I know.
 

When I'm deep inside of me
don't be too concerned.
I won't ask for nothin' while I'm gone.
But when I want sincerity
tell me where else can I turn.
Because you're the one I depend upon.
 

Honesty is such a lonely word.
Everyone is so untrue.
Honesty is hardly ever heard.
And mostly what I need from you.


歌を聴く時はとにかくその歌手が歌っているようにを真似て一緒に歌って下さい。

 

英語は成きることが大事です。

 



我々日本人は日本語を聞いて育ちそれを自然に理解して育つため

頭の中は日本語だけの回路で構築されているわけです。



英語を勉強し始めると、

英語を聞いて → 日本語に訳して理解し → 英語で話す。 という具合にワンステップ増えるので

その流れを体に覚えさせる必要があるのです。

 

私もそうですが、慣れてきたり英語が分かる様になると

 

英語だけの回路になります。

 

会話とはコンマ何秒の世界なため間にステップが入らない方が

 

よりスムーズに会話が成り立ちます。

 

そのためには英語を沢山聞くことが大事になってきます。

 

 

 

続く.............

 

 

 

語学 Vol.1

 

先日の出来事、

 

若い男の子が英語を喋っている私を見て

 

彼は英語を喋れる事にカッコイイですね。と言ってくれていたのですが、

 

自分的には、自分が思うカッコイイの定義と彼が思うカッコイイの定義が違う上、

 

海外じゃ二ヶ国語を話すなんて珍しいことではないので

 

英語が話せる自分がカッコイイなんて思ったことは当然ありません。

 

 

 

この日本では日本語以外を話すのはとても難しい環境なので

 

語学を学ぶには少々不利かもしれないが

 

諦めなければ誰でも絶対に話せるようになります。

 

全ては自分次第です。

 

 

今 日本には沢山の外国人が来日し、数々の国際大会や2020年 に開催される

 

東京オリンピックなどでこれからますます外国人の増加が考えられますが、

 

最近、お客様や友達など周りで年齢に関係なく

 

英語を勉強し始められた方が急増しています。

 

 

皆さんにお伝えしたいのは、「 誰でも絶対話せるようになります。」

 

私は海外に住んでいたとはいえ、この私が英語を話せるようになったのですから

 

皆さんも継続して学べば必ず英語を話せるようになります。

 

 

 

海外(英語圏)に住んでいれば必然的に日常で英語を使うので

独学で語学を学ぶのも可能だと思いますが、

日本のように、外国人が増えたとしても実際に英語を使う環境はまだまだ少なく、

 

英語を習っても会話をするチャンスがないため

 

モチベーションを保つのは非常に難しいと思います。

 

私もイタリア語を勉強しているので良く分かります。

 

イタリア人の先生からイタリア語を習っていますが

 

身近にイタリア人がいないので話すチャンスがありません。




英語に関してはお客様からも 

 

英語をどうやって勉強し、しゃべれるようになったのかとよく聞かれますが、

 

私の場合は New York に住んでいたので話せるチャンスが毎日あったため


ほぼ独学で話せるようになりました。

 

話すチャンスを自分で作りガンガン話しかけていました。

 

 

 

どのくらいでしゃべれるようになりますか?という質問もよく受けますが

 

それは人それぞれで、能力や環境の違いは大きいので一概に言えませんが

 

2、3年もすればある程度しゃべれるようになると思います。

 

 

考えてもみて下さい、私達日本人でも日本語を話せるようになるまで何年かかかりますよね。

 

2、3年と言えば、2、3才の日本語レベル。

 

焦らず根気強くです。





基本的に英語における日常会話とは、

 

私達が習う中学レベルの英語でほとんど成り立っているので

 

英語を勉強しようと思っていらっしゃる方は

 

まずは中学レベルの英語から始めて下さい。

 

簡単と思っても初歩からね。

 

確認しながら。

 

中学レベルをやるのは恥ずかしいなんて思いながら

 

いきなり高校レベルの英語をやろうとしても難しいものです。

 

何をやるにしても始めることより継続の方が難しいのですから。

 

 

本屋さんへ行けば中学校で使われている英語の教科書も販売されているので

 

そういうのを利用しても良いかと思います。

 

同時に単語は何でも良いので沢山覚える事が大事です。

 

文法が分からなくても単語を知っていればなんとなく通じますからね。

 

ボキャブラリーは大事です。

 

 

皆さん、一緒に頑張りましょう!!!



続く.......

 

YASU 予約状況 H29年 1月4日(水)

 

H29年 1月4日(水) は終日ご予約でいっぱいです。
 

 

 

ご予約をお取りすることができなかった皆様には

大変ご迷惑をおかけしております。

またのご予約、ご連絡をお待ち致しております。

 


なお、ご予約 当日のキャンセル は他のお客様のご迷惑になりますので

ご遠慮頂きますようお願い致します

 

 

ご予約は1週間から10日前をおススメ致します。

 




Yasu is fully booked for Wednesday the 4th January 2017.

 

We apologize for any inconvenience.
 


YASU's Schedule :

[ Weekday and weekend appointments ]
please make an appointment a week or 10 days in advance.

 


Thank you for your understanding.

 

新年を迎える前に

 

外国の宗教的行事、昨今はますますハロウィンも派手になり

 

ハロウィンが終わればすぐクリスマスに早変わりし、

 

26日になればすぐに正月モードで門松が出始める。

 

それが終わればヴァレンタイン、

 

またそれが終わればホワイトデー。

 

自分達の習慣じゃなく

 

表面的なもので変わり身早く経済優先の姿に心のなさを感じるが

 

異文化、異宗教を知ることは良いと思うが日本人としての心のあり方も

 

大事にしてもらいたいものだ。

 

 

殆どの方が新年を迎えたら初詣に行かれると思いますが

 

日本人として知っておくべき参拝の仕方を

 

少しばかりお伝えできれば思います。

 

昨今、参拝の仕方を親からすら教わることもない環境になってきているので

 

参考にして頂ければと思います。




神社は神聖な場所。

マナーを持って伺うのは当然な事です。



まず神社では、鳥居の手前で一礼してから参道を歩きます。

神社の鳥居は家で例えるならば玄関のようなもの。

 

神様がいらっしゃる領域 に入るわけですから

 

おじゃましますという感じで一礼して進んで下さい。


参道を歩く時は、中央は神様が通る道なので左右どちらかの端の方を歩いて進みます。

 

神社には手水舎(てみずや) があるので予め(あらかじめ)そちら側を歩いた方が

 

中央をまたがずに行けるのでそちらの方を歩いて下さい。

 

※ 手水舎 とは参拝する前に身を清める場所で、水が貯めてあり柄杓が用意されている場所。

  

そして必ず手水舎で手と口を清めてから(自分を清めてから) 参拝すること。

やり方は、

1.まず右手に柄杓(ひしゃく)を持って水を入れ、左手に流しかけ左手を洗う。


2.左手に柄杓を持ち替え右手も同様に洗う。


3.そして、もう一度右手に柄杓を持ち替え左手のひらに水をため、

  その水を口に含みます。

  そして口を洗い(軽くグジュグジュとゆすぐ)、
  片手で口をかるく隠して口に含んだ水を出す。


4.最後に柄杓に残ったお水で、柄杓を立てにして柄杓の柄(え / 持ち手)に水を流す。


注) 柄杓(ひしゃく) は他の人も使うので直接口を付けるようなことは絶対にしないようにしましょう。


その後、神殿に来たら、まずはそっと賽銭箱にお金を入れます。

参拝の仕方は、賽銭を入れた後、鈴を鳴らし、ニ礼二拍をした後、

名前と住所を伝え、思いを神様に伝え(普段の暮らしの感謝を)

最後に一礼して終わります。

そして帰りも参道は端を歩いて帰ります。



参拝するというのは神様のお宅へ伺うようなもの。


人のお宅へ伺う時にお行儀良くするのと同じです。

初詣なども含め普段からきちんとした礼儀のもとで参拝されるよう心がけましょう。
 

 

有名な神社などは人で溢れ(あふれ)かえりますが

 

人が多いからといって賽銭を遠くから投げ入れるようなことは絶対にしないようにして下さい。

 

自分達の生きているこの環境でお金を投げて渡さないのと同じで

 

神様に向けてそのような行為は改めるべき行為行動です。

大切なのは個人の志、心です。

きちんとしたマナー、そして清き心の下で新年をお迎え下さいませ。

 

 

 

お子さんがいらっしゃる方は参拝の仕方を伝えるようになされては如何でしょうか。

 

神様を敬う(うやまう)心、無形のものを敬う。

 

見えないものを敬う心とは日々の積み重ね、

 

小さい頃から 「 敬うという心 」 を教えるのも親の役目です。

 

 

どんどんデジタル化、簡素化、ロボット化されていっているこの世の中。

 

私達は人として生まれ、人として生きてく必要があるのです。

 

 

 

 

 

 

プラスのファッション

 

 

女性のファッションで楽しめるアイテムの一つがピアスなどのイヤリング。

 

自分の好みで雰囲気に合わせ、「あれを付けて」 「これを付けて」

 

と雰囲気に合わせいろんな楽しみがあると思います。

 

 

女性にしかできないアクセサリーでの楽しみ方。

 

良いですね。

 

どんなものであっても女性ならではの気遣いを感じ

 

女性らしさを演出できるアイテムの一つでもあります。

 

 

そんなアクセサリーも見方を変えればこんな考え方もできると思います。

 

指輪 は自分でも見る事ができるアイテムなので自分のために。

 

でもイヤリングやピアスは自分では鏡を使ってでしか見れないアイテムであるため

 

自分では直接見ることができません。

 

イヤリングは人から見られるものです。

 

だからイヤリングは人のためでもあります。

 

顔周りにキラッと輝くだけで顔の表情が明るくなるし、

 

人から見ても好印象になります。

 

輝くものは良いエネルギーを発し人にも良いエネルギーを与えます。

 

 

自分のためと思いがちなイヤリング。

 

実は人のためでもあると考えればそれだけでも十分社会貢献です。

 

ファッションを楽しみながら社会貢献。

 

昨今暗いニュースばかりなので、2017年 はファッションを楽しみ

 

皆でこの世の中を明るくしていきましょう!!!

 

 

身だしなみ

 

 

ファッションとは自由であり、

 

世の中にプラスを生み出す素晴らし存在です。

 

 

ファッション はその人自身を表す表現方法の一つですが

 

それは制服を着ていても、ビジネスマンのスーツ姿でも

 

人となりは透けて見えるものです。

 

 

おしゃれとは、その人の内面と表面のファッションが一致した時に

 

存在するものだと思いますが

 

ブランドが全面 に出て、全身ブランド姿 ほど人が見えないものはないと思います。

 

しかしそれはそれで別の見方をすれば人となりが見えますが

 

個性がないし野暮ったい(やぼったい)。

 

 

高価な物を着なくてもその人らしさと一致していれば十分お洒落だと思います。

 

ブランドありきか、そうでないか。

 

これは大きな違いです。

 

ブランドを着るからには着こなすことが大事です。

 

着こなすとはそのブランドにあるフィロソフィーを理解し

 

自分自身もそのブランド価値に相応しい人間でいたり、

 

高める努力をすることです。

 

※フィロソフィーとは哲学や考え方のこと。

 

 

第一印象である見た目は大事です。

 

また同時に人とは見た目だけではありません。

 

しかし第一印象が良くなければその先にある人となりを知ることはできません。

 

 

だらしない格好をしている人がいたらその人に興味を持つだろうか?

 

その格好を見て、「だらしないな」とは思っても

 

その人の事を知りたいとは思わないはずである。

 

 

故に身だしなみとは大事である。

 

男性 は身だしなみに関してグルーミングを含めファッションを蔑ろ(ないがしろ) にしがちですが、

 

身だしなみ はとても大事なことです。

 

 

作業着だからテキトー、毎日着るスーツだからテキトー、

 

髪も整えず身だしなみも考えないで過ごす男性に魅力があるだろうか?

 

身だしなみも整え、心も整え、自己を高める。

 

世の中にもっと魅力ある Gentlemen が増えることを祈りつつ。

 

 

信頼のおそうじ隊



先日、年末の大掃除で Salon の床のワックスがけをするために

いつも お願いしている 「おそうじ隊」に今回も来て頂きました。

いつものようにサロン奥から始めるため お店の什器は入口に寄せ

奥の方からスタート。

 

掃除機でキレイにしたあと、床研磨機で表面の汚れ落とし。

 

自分達では絶対できない作業です。


何の仕事でも職人さんはすごいですね。


汚れを取ったあと大型扇風機で乾かしワックスの重ね塗り。

なんだかんだと3時間の作業工程。

その後、レイアウトし雑務をこなすとトータルで4時間くらいかかります。


いつもお願いしている「おそうじ隊」の方々はとても感じが良くて

 

親切丁寧で信頼できる方々なため、仕事をお願いしているのですが毎回勉強 になります。


何かをお願いしてストレスが溜まらないなんて幸せだと思いません?

 

昨今 は何の業種でも値段ばかり安くして信用信頼できない業者なんて沢山いますからね。

 

「興味で仕事を見ていたい」ではなく、

 

信用信頼できないからつきっきりで見張らないといけないなんて

 

よくありますからね。

 

その点、「おそうじ隊」 の方々はその場を離れることができる

 

信頼できるパートナーです。



中村美容室の床はアンティークの床材を使用しているため

ワックスがけした直後の風合いは実に美しいのですが、

写真ではなかなか分かりづらいのが残念です。



ワックスがけした直後の床はアンティークの風合いがより一層出て

お店の雰囲気を良くしてくれるのでとても満足しています。


人様を美しくする場所として美しい出で立ち(いでたち)でいるのは当然なので

お掃除隊はおいらの強い味方です。

※出で立ち(いでたち)とは、( 装い 身なり 身支度 )のこと。


ワックスがけが終わりキレイになった Salon 、

 

好きな空間で 大好きな Jazz を聴きながら飲むコーヒー。

忙しいこの時期、ほんのつかの間ですが一息つくこの瞬間。

これほど至福な時間はありません。



納得いくお店作りはまだ道半ばですが、

おそうじ隊のおかげで気持ち良くお客様をお迎えできます。

お掃除隊の皆さん、幸せを有難うございました。

 



YASU Blog

Back to Top

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>






本文のおわりです


Copyright © 2007 Nakamura biyoushitsu. All Rights Reserved.